自分好みのデザインに仕上げよう

指輪を作る上でひとくちにデザインと言っても、色々な観点から考えることができます。 まずは普段、どんな服を着ていることが多いでしょうか。結婚後の生活をイメージしてみましょう。 カジュアルな服が多いならば華奢なデザインよりも、太めでしっかり存在感が出るようなものもよいですね。 逆に会社勤めの方なら、あまりゴツゴツとしたものではなく、シンプルで手に馴染むものにするのもオススメです。 次に指輪の色があります。 プラチナ、ゴールド、ピンクゴールド、シルバーなどです。肌の色によって馴染むものも意外と変わりますので、サンプルを用意してもらって色々と試してみることをおすすめします。

パートナーに選んでもらうという方法もあります。 そして指輪の形です。 まっすぐなもの、ひねりの入っているもの。シンプルにまっすぐなものでも、太さの似合う似合わないがあります。また丸みを帯びたもの、平べったいものなど・・・。形だけではなく、結婚指輪の内側に日付やイニシャルを入れることも可能です。また、表面にダイヤをプラスするのも素敵です。男性らしいデザイン、女性らしいデザインというものがありますので、お互いにデザインしあって、イメージを擦り合わせながら作っていくというのも良いのではないでしょうか。 納得のいくデザインに仕上げるのは根気のいることですが、そのぶん出来上がった時の感動は高まりますし、愛着もより一層深いものになるでしょう。

絵が描けなくても大丈夫?

オリジナルの指輪というと、デザインを自分で考えてそれを絵にして…というイメージを持つ方が多いでしょうか。 でも自分の画力に自信がない方もいらっしゃいますよね。 まして、頭の中のイメージを実際に絵にしてあらわすという作業は想像以上に難しいものです。 指輪のオーダーの場合、お店の方に自分の持っているイメージを伝えて、それを形にしていく、という風に進めていくことがほとんどですので、安心ですよ。 逆にいうと、イメージを上手に伝えることが重要です。

前もって自分がどんな指輪を作りたいのか、シミュレーションしておくとよいですね。 気になったデザインの指輪の写真を何点か持参するのもよいでしょう。 今持っている指輪にこういうデザインのものがあるからかぶらないようにしたい、というのであれば、その指輪を持っていくという方法もあります。 指輪でなくても、普段自分がどんなデザインのものに惹かれることが多いのか、気にかけておくことも大切です。 花柄やリーフ柄などが好きならばナチュラルテイストの指輪に仕上げるのがよいでしょうし、キラキラした装飾品が使ってあるものが好きならばゴージャスな雰囲気のものなど…。 イメージは多く伝えた方が、お店の方もデザインしやすいです。

オリジナルの結婚指輪を作る方法

一生のうちに一度だけしか作らないもの、あまり多くはありませんが、一度だけしか作ることができないなら、ゆっくり時間をかけて選びたいものでしょう。 その中でも婚約指輪、結婚指輪は思い入れの強くなるものですから、こだわりのある方も多いのではないでしょうか。 最近では、世界にひとつだけのオリジナル指輪を作ることができるお店も増えてきています。 指輪は毎日つけますし、半ばお守りのような存在になりますから、妥協せず、とことん自分の好きなものがよいですよね。 また既製品ですと、新婦は気に入ったデザインがあっても、新郎はいまいち気に入るものがない、ということも少なくありません。

男性は指輪をつける習慣のある方はそういませんから、自分がどんなものが欲しいのか、どんなものが似合うのか、よくわからないままの方も多いのではないでしょうか。 オリジナルの指輪なら、無理に既製品の中から探す必要もないですし、夫婦で全く違うデザインにすることもできますね。 今まで全くアクセサリーに興味がなく、どこにどんなお店があるのか分からないという方も安心です。 本屋さんに足を運んでみてください。結婚情報誌に、お近くのジュエリーショップの情報がたくさん載っていますよ。 お店の雰囲気などと一緒に、実際にオリジナル指輪を作られた方の紹介があったりします。 お店によっても得意とするデザインはありますので、第一印象で自分に合いそうなお店を選んで行ってみてはいかがでしょうか。